葉酸サプリ「ベジママ」の特長!

「妊活」という言葉がすっかり一般的になってきて、妊娠をサポートするための葉酸サプリなども数多く発売されていますよね。
その中でも人気商品のひとつが『ベジママ』
なぜベジママが売れているのか?
なぜベジママが一番おすすめと言えるのか?
その理由をご紹介します!

 

ベジママ

ベジママとは

ベジママは葉酸サプリです。注目すべき点は、鉄鋼メーカーが商品化したサプリメントであると言うことです。
その鉄鋼メーカーが植物工場でアイスプラントを栽培していた時に、アイスプラントに含まれるピニトールと言う成分が不妊治療に有効なものであると言うことを知り、ピニトールを配合したサプリメントを開発しました。
ベジママの大きな特長とも言えるピニトールですが、主に多嚢胞性卵巣症候群を予防したり改善する効果があるので、妊婦はもちろんこれから妊娠を望む女性にも向いています。
ピニトールが体内に摂り入れられるとカイロイノシトールの働きが活発になります。
不妊傾向の人はこのカイロイノシトールの量が十分ではなく足りていないため、妊娠がうまくいかないとも言われています。
ピニトールの他にもアイスプラントには、ビタミン類やポリフェノール・有機酸と言った栄養成分が豊富に含まれていて、青汁の原料となるケールやクロレラなどと比較しても栄養価の高さは抜群です。
しかもベジママに使用しているアイスプラントは、自社工場で農薬不使用で栽培されていて、衛生環境も徹底管理されているので安全性が高く安心です。
しかしながら原料の栽培から製造までの全てを自社工場で行うため、高品質ながら低価格での販売を実現しています。
さらにベジママには赤ちゃんの成長に欠かすことの出来ない葉酸がたっぷり配合されている上、吸収率の良いモノグルタミン酸型の葉酸を使用しています。
妊活中から妊娠6ヶ月頃までは特に葉酸の摂取が大切になるため、ベジママはとてもおすすめです。

 

ベジママ
ベジママは、インターネットサイトから購入することが出来ます。定期コースに申し込むと、定価の半額で買うことが出来て送料も無料なのでお得です。
しかも毎月先着で無期限の返金保証が付いているので、使ってみてもし満足出来なければ商品代金が全額返金されます。
最低でも4カ月ほど使用してみると、効果が現れるはずです!

 

ベジママの評価が高いわけ

妊娠を望んでいる女性の方や、妊婦の方などが摂取されている葉酸サプリは、いくつかのメーカーから販売されていますが、その中でも評価の高い「ベジママ」
この「ベジママ」が、多くの妊娠を望んでいる女性の方や、妊婦の方などから支持されている理由のひとつに、配合されています成分にあります。
葉酸はもちろんですが、アイスプラントと呼ばれる生命力の強い野菜に含まれている、ピニトールという成分が配合されていることでしょう。このピニトールという成分は、日本では聞きなれないものですが、米国の医療現場で不妊治療として使われている成分といいます。ホルモンバランスを整えてくれることが期待されますので、妊娠しやすい体を作るためのサポート成分として配合されています。

 

ベジママ

この他にも、ルイボスという成分が配合されています。これは、抗酸化作用がありますので、体内環境を整えて卵巣や子宮の老化を防止してくれるといいます。さらには、ビタミンCやE、ビタミンB12などが効果的に配合されていますから、妊娠しやすい体へと導いてくれることでしょう。
葉酸サプリ「ベジママ」は、1日4粒を目安として摂取することをすすめています。体内での吸収率から考えた場合には、朝と夜の2回に分けられて、食事をする前に摂り入れられるのが効果的といいます。鉄分やカルシウムは配合されてはいませんが、葉酸サプリ「ベジママ」を摂取されていますと、食事などから体内に入る鉄分やカルシウムの吸収率が高くなるといいますので、妊娠を望んでいる女性の方や、妊婦の方にはうれしい葉酸サプリといえるでしょう。
「ベジママ」は、匂いや味が感じられないために飲みやすいといいます。また、安心で安全な環境の工場で製造されており、実際に摂取された方が効果を感じられるには個人差がありますが、3ヶ月〜6ヶ月を目安として続けることをすすめていますので、試されてはいかがでしょう。

 

 

なぜ葉酸が必要なのか?

葉酸は妊婦にとって重要な栄養素として知られており、その重要性は厚生労働省からも推奨されているほどです。

ベジママ


ではそもそも何故葉酸が妊婦にとって重要なのかと言うと、葉酸は妊娠中の胎児の神経系・脳の発達に大切な役割を果たしているとされており妊婦にとっても貧血予防に役立てることができるという効果もあるということが分かっています。また葉酸を摂取していなかったり不足している場合は神経管欠損症などの奇形や先天性障害の危険性があるというリスクもあるので、厚生労働省側からも妊娠中もしくは妊娠を計画している女性に対して規定量の摂取を促していると言うわけです。
ただし妊娠中ずっと必要と言うわけではなく実は妊娠12週目まで摂取すればいいとされており、妊娠に気付くのが遅れてしまった場合はそのまま摂取し忘れてしまうということも少なくないとされています。また葉酸だけではなくほかのビタミン類やミネラルなども一緒に摂取することによって効率よく体内に取り込むことができるようになっていますし、必要な量を食物だけから摂取するということは困難になっています。そのため最近では妊婦や妊娠を計画している女性向けの葉酸のサプリメントなども販売されているので、そちらの利用がおすすめされています。

 

 

葉酸サプリを選ぶ際のポイント

妊活という言葉を、近年ではしばしば耳にすることが増えてきています。これは妊娠を望んでいる人たちが、妊娠しやすい体になるために色々な活動を行うことで、特に多くの人が行っている方法の一つが葉酸サプリの服用です。
葉酸は細胞分裂に大きく関係する成分で、胎内で赤ちゃんが成長するために役立つ成分であると共に、子宮内膜を強化し、また子宮内の血流を促進することにより、不妊に悩んでいる人たちが妊娠しやすくなるという効果が期待できるものだからです。
そのため葉酸サプリは妊娠を目指している、またはすでに妊娠しているという女性の間で需要が高く、そのため色々なメーカーから多くの種類の製品が販売されています。
その中には悪質な製品や、悪質とは言えないまでも効果があまり期待できない製品もあるため、そういったものを選ばないように注意が必要です。
要注意の葉酸サプリを見極める材料としては、肝心な葉酸の配合量にまず着目すると良いでしょう。
厚生労働省が推奨する一日あたりの葉酸摂取量は0.4mgなので、それを基準として選べば間違いはないと言えます。
また妊娠中、または妊娠を目指している人は体内に入れるものに気を付けることが肝心なので、葉酸などの成分に天然由来のものを使用していない、合成添加物を含んでいる製品などには注意が必要です。

 

ベジママ

ベジママに配合されているピニトールとは?

不妊の改善効果があるとして近年急速に注目を集めているのが、特定の植物から抽出されるピニトールという成分です。
ピニトールはイノシトールの一種で、インシュリンに似た働きをすることから糖尿病の改善に効果があります。またそれ以外にも、不妊の大きな原因の一つである多嚢胞性卵巣症候群を改善することがわかっており、すでに海外では医師による処方も行われています。
実は血糖値が高いと多嚢胞性卵巣症候群になりやすいという事実があります。ピニトールはグルコースという糖の代謝を活発にすることで血糖値を下げるため、多嚢胞性卵巣症候群の改善にも効果を発揮するのです。
多嚢胞性卵巣症候群は不妊の原因の20%を占めるとも言われていますが、ピニトールを医師の処方ではなく気軽に摂れる方法はないのでしょうか。
日本では妊活サプリ「ベジママ」だけが唯一、ピニトールを配合しています。「ベジママ」は妊活において必須の成分である葉酸やビタミンC等とともに、アイスプラントという植物から抽出したピニトールをプラスした画期的なサプリメントです。不妊の原因である多嚢胞性卵巣症候群の改善はもちろん、女性らしい機能を整えて妊娠に備えた理想的な状態を保ちます。
ベジママ

ピニトールが多嚢胞性卵巣症候群を改善する?

不妊の原因はいろいろありますが、多嚢胞性卵巣症候群も不妊の原因になります。多嚢胞性卵巣症候群はPCOと呼ばれており、卵巣内に男性ホルモンが多いことによって排卵がうまく行われなくなります。妊娠をするためには排卵がスムーズに行われることが必要ですので、多嚢胞性卵巣症候群になると妊娠しにくくなります。
産婦人科の検査で多嚢胞性卵巣症候群と診断された時には、ピニトールが多嚢胞性卵巣症候群の改善に役立ちます。ピニトールはアイスプラントなどの野菜に含まれている成分で、血糖値を下げたり、ホルモンバランスを整える作用があります。ピニトールの成分を摂取することによって卵巣のホルモンバランスが整い、妊娠しやすい体質に変わります。
妊活をしている女性は葉酸サプリを摂取するケースが多いですが、葉酸サプリの中にはピニトールが豊富に含まれているものがあり、ピニトールの効果によって妊娠しやすくなります。葉酸サプリのベジママはピニトールが豊富に含まれていますので、妊活をしている女性にとっては最適なサプリメントです。ベジママには葉酸やピニトール、ルイボスなどの妊活に役立つ成分が凝縮されており、赤ちゃんが欲しいと願っている女性を応援してくれます。

 

多嚢胞性卵巣とは?

多嚢胞性卵巣とは不妊の原因のひとつとなる病気のことで、正確には多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)と呼ばれています。これは卵巣の中に卵子が入った袋である卵胞というものがあるのですが、この卵胞がいくつもできてしまうことによって性状に排卵することができなくなってしまう状態の事を指しています。
症状としては排卵障害を起こしてしまうので当然生理不順や無月経になってしまいやすいですし、そこから誘発されて不妊状態に陥ってしまうということも少なくありません。またホルモンの分泌異常も起こしやすくなっているので肥満になってしまったり、そこから誘発されて血糖値やコレステロールが高くなってしまってさらに肥満状態を悪化させてしまうなどの悪循環に陥ってしまうということも多いです。ほかにも多毛やにきび・低温性になってしまったり、基礎体温がぐちゃぐちゃになってしまうので一定にならないなどの症状も起きてきます。
このような症状から多嚢胞性卵巣症候群を起こしてしまうと妊娠しにくくなるとされているのですが、排卵さえうまく起きるようにすることができれば妊娠することは可能となっています。中には病気にかかっていると気付かず自然妊娠する事もあるとされているので、診断されても冷静に治療を進める事が大切だとされています。

 

ベジママ

不妊症の予防のために

結婚をして子供を望んでも3年以上たっても妊娠に至らないことを不妊といいますが最近は、不妊で悩んでいるご夫婦がとても増えていてこれが社会問題になるくらいです。
不妊症の原因は一つではありません。男性側にあるものもあれば、女性側にあることもあります。
女性の場合は子宮や卵巣の機能の問題もあります。生理不順だったり、卵巣に問題があるときもあります。
またもともと冷え症で体温が低いという場合もあります。冷え性の女性は血流も悪いですし代謝力も弱いために、不妊症の原因になります。
不妊症予防としては、まず産婦人科で子宮や卵巣の状態を検査をすることが必要です。
そこでとくに問題がないというときには、食事を見直し、体を冷やさない食材を選んだり、適度な運動をしていくなども効果的です。
とくにヨガは自律神経の乱れを直すこともできますし、血流がよくなり代謝がよくなります。知らず知らずのうちに体幹が鍛えられるので、より妊娠できる体に保ってくれるのです。
また男性側も産婦人科で検査をうけることが必要です。
女性ばかりが原因と思ってもじつは男性側にも問題があったということもあるので、まずは夫婦で自分の体の検査をうけることからはじめる必要があります。

 

妊活に必要な栄養

結婚する年齢が上がっている現代、不妊に悩む夫婦は多くなりました。
女性は生まれた時から卵子を持っています。その卵子は年齢を重ねるごとに数が減り、質も落ちてきてしまいます。また、子宮内の環境も若い頃に比べると悪くなってしまってきます。そのため精子との受精がうまくいかなかったり、受精しても着床が続かなかったりしてしまうのです。
妊活中にぜひ摂るべき栄養素は葉酸です。
葉酸には、子宮内の血液の循環を整えたり、女性ホルモンの分泌を促したり、子宮内膜を柔らかくする効果があるのです。そのため、妊娠しやすい環境を整えることにつながります。
葉酸は、野菜などの多く含まれていますが、毎日確実に必要量、手軽に摂ることができるのがサプリメントです。
その中でもベジママに含まれる栄養素は、葉酸以外にも赤ちゃんを迎える女性の体つくりに必要なものが配合されているので効果が高く、多くの人が愛飲しています。また、ベジママは体に害のあるものは一切入っていないことも安心して飲める理由です。子宮内膜を厚くしたり、生殖機能を向上する大きな力を発揮します。ベジママは妊活には欠かせない栄養素がぎゅっと詰まったサプリメントなのです。そして、男性の精子の活動力を上げる効果もあるので、夫婦で飲むことが妊娠への近道になります。

 

葉酸が必要なのは女性だけじゃない!

世の中のご夫婦の中には、お子さんを持ちたいという願い持っているにもかかわらず、なかなか子宝に恵まれないと悩んでいる人たちが少なくありません。

ベジママ


そういった人たち、特に女性は妊娠しやすい体作りのために色々な手段を試みる場合が多く、その方法として人気の高いものの一つに葉酸サプリの使用があります。
葉酸を摂取することで、胎児に神経管閉鎖障害などの問題が生じるのを予防できる効果があり、また妊娠の可能性を上げることが期待できると言われています。
葉酸サプリを使用するのは、実際に妊娠して胎児を育む女性である場合が多いのですが、男性は使用する必要はないのかというと、決してそのようなことはありません。
胎児に神経管閉鎖障害などの問題が生じる原因として、男性の精子に問題がある場合があり、それには葉酸不足が関係しているというデータがありますし、また男性に葉酸が不足している夫婦は、妊娠の確率が低くなるとも言われているからです。
なので女性はもちろん、男性も一緒に葉酸サプリを飲むことが望ましいと言えます。
日本では色々な種類の葉酸サプリが販売されていますが、中でも特に人気が高いものにベジママがあります。
ベジママにはピニトールという、アメリカで不妊対策として注目されている成分が含まれており、より高い効果が期待できるからです。